SEO対策|検索エンジン最適化ですべき10のこと

GoogleやYahooの検索キーワードで上位を獲得したいけど、なかなか順位が上がらない・・・という方は一度検索エンジン最適化を見直した方が良いかもしれません。今回は内部対策としての検索エンジン最適化(SEO)ですべき10のことをご紹介します。


目次
1.検索エンジン最適化とは?
  検索エンジンからきちんと評価してもらえる内部構造にする
  情報を求める人に適切な情報を提供する
  SEOに成功することで得られる効果

2.検索エンジン最適化ですべき10のこと
  1・metaタグ
  2・h1~タグで適切な見出しを作る
  3・alt属性で画像とキーワードとの関連性をつける
  4・クローラーの巡回頻度を上げる
  5・適切なキーワード選定
  6・サイトメニュー・ナビゲーションをわかりやすくする
  7・キーワードの関連性が高いコンテンツを作る
  8・ソーシャルメディアと連携する
  9・検索順位を確認できるSEOチェックツールを使う
  10・スパム行為を避ける


検索エンジン最適化とは?

検索エンジン最適化とは、通称SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)とも呼ばれているGoogleやYahooなどの検索エンジンから検索された結果の上位に表示されるために、WEBページを検索エンジンから評価されやすくするように最適化する技術のことです。検索結果の上位に表示されることによって、ユーザのニーズを拾うことができマーケティングに非常に大きな効果を発揮します。また検索エンジン最適化の技術を利用したマーケティング手法のことをSEM(サーチエンジンマーケティング)といいます。技術というと難しいことのように聞こえてしまうかもしれませんが、実際には難しいことはほとんどなく、重要なポイントを抑えておけば必ずSEOは成功します。今回はその重要なポイントも含めて、SEOの基礎知識から、必ず行わなくてはいけない施策を10項目ご紹介していきたいと思います。検索エンジン最適化ですべきことをお話する前に、まずはSEOを行う上で重要な基本的なマインドをしっかり身につけていきましょう。

検索エンジンからきちんと
評価してもらえる内部構造にする

GoogleやYahooなどの検索エンジンは、ある論理に基づいたアルゴリズムによってWEBページを解析した結果から表示順位を決定しています。アルゴリズムはWEB環境の変化やネット業界の潮流に合わせて定期的なアップデート・変更が行われていますが、基本的に重要な項目については変化は加えられずに、アルゴリズムの中に組み込まれています。なぜなら重要な項目に関しては絶対的に変える必要はなく、むしろ変えてしまったら検索エンジンがWEBページの順位を決定することができないくらい普遍的な要素だからです。 論理に基づいて表示結果を決定している以上は最低限、ここだけはアルゴリズムに組み込まなければいけないという重要なポイントを抑えておけば、仮に大規模なアップデートが行われたとしても、大幅に順位が下がることもなく継続的に安定した集客を行うことができます。ここで最も重要なのは、検索エンジンにきちんと評価してもらえる内部構造にしておくことです。WEBページとしての基本すらなっていないサイトを検索エンジンは評価してくれません。例えそれが素晴らしいコンテンツを提供しているサイトであってもそうです。ですので、今回ご紹介するのはサイト管理者であれば、必ず覚えておくべきSEOの基礎ともいえます。

情報を求める人に適切な情報を提供する

SEOでキーワードの検索結果の表示順位を上げる前に、今一度、自分自身に問いかけなくてはいかないのは「このサイトはこのキーワードで検索してきた人が求めている情報を提供できているか?」ということです。[ 東京 焼き肉屋 ]で検索してきた人たちが求めている情報は明白です。「東京に所在している焼き肉屋」を探している。極端な例えですが、このキーワードで検索エンジン最適化を行うならあなたはどんなページを作りますか?情報を求めている人が「東京の焼き肉屋」を探しているのですから、当然都内の焼き肉屋の情報を集めてページを作ることになります。しかし、ただ無計画に情報を集めるだけではなく、ここではもっと掘り下げてユーザのことを考えなくてはいけません。ユーザは「東京の美味しい焼き肉屋」を探しているだけでなく[美味しくて高級感のある店]だったり[店内は汚いのにめちゃくちゃ美味しい焼き肉屋]を求めているかもしれません。より詳細な訴求ポイントはユーザごとに異なります。このケースの場合[東京 焼き肉屋]という大きなカテゴリになりますので、訴求ポイントは[東京の焼き肉屋]なのですが、本当はもっと詳細な情報が必要なはずです。情報を求めているユーザの欲望を満たすと検索エンジンはそのページを評価してくれます。なぜなら多くの検索ユーザの欲求を満たすサイトはより価値があると判断されるからです。従って、サイト運営者には『情報を求める人に適切な情報を提供する』というミッションが与えられている、と考えるべきでしょう。実際にノーマーケティング・ノーライフのチーム内では一貫して、ユーザの欲求を満たすことに全力を注いできて効果を実証しています。

SEOに成功することで得られる効果

検索エンジンの表示結果の上位を獲得できれば、どんな効果が得られるでしょうか。 大きく分けると下記の3点が考えられます。

1.検索ユーザからの認知獲得
2.新規・潜在顧客の獲得、安定した集客
3.エンゲージメントの構築

商品やサービスの購買行動につなげる前に、まずブランドを認知してもらうことは重要ですよね。ちょっとした疑問解決のページなどでもSEOで検索結果で上位を得られれば認知してもらうことができます。ですので、まず1目は検索ユーザからの認知の獲得。次に新規・潜在顧客の獲得です。ユーザニーズを満たし、訴求ポイントをしっかり抑えることができれば、新規の顧客を獲得することができます。また潜在的な顧客に自社ブランドを知ってもらい優位性を理解してもらえれば新規顧客へと育成することができます。購買行動につなげるためには、SEOよりはどちらかというとコンテンツ側の問題ではありますが、安定した集客がなければ継続的に売上をあげていくことはできません。SEOで上位を獲得できれば、一定のユーザ層が安定して集客されてきます。そして、最後の3つ目がエンゲージメントの構築です。ユーザから好かれるには、とにかくユーザニーズを満たすサイトにすること。ですから、これもコンテンツ側の力量次第ですが、もし、ユーザ満足度の高いサイトなのであれば、エンゲージメントが高まりサイトへのファンは確実に増えていきます。ただの読者からファンへと変える施策を練ることがSEMでは最も重要と言えるかもしれません。

検索エンジン最適化(SEO)ですべき10のこと

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、SEOを実践する上で重要な考え方についてご理解頂けたかと思います。 次項より「実際に検索エンジン最適化ですべき10のこと」をご紹介していきますので一つずつ項目をチェックして自社サイトで出来ているか確認していきましょう。

1.METAタグ

まずはMETAタグからです。METAタグとはHTMLのHEAD内に埋め込まれるサイトの説明文や重要としているキーワードなどを設定できるタグです。 ここではその中でもSEOに重要とされているMETAタグをご紹介します。

【サイト説明】meta description
(記述例 <meta name=”description” content=”ここにサイトの説明文を入れる”>
【キーワード設定】meta keywords
(記述例 <meta name=”keywords” content=” キーワード1 , キーワード2 , “>
【検索エンジンのインデックス登録の許可・禁止】meta Robots
(記述例 <meta name=”Robots” content=”ページをインデックス,リンクを巡回”>
index → ページのインデックス登録を許可する
noindex → ページのインデックス登録を禁止する
follow → リンクの巡回を許可する
nofollow → リンクの巡回を禁止する

2.h1~タグで適切な見出しを作る

多くのサイトではh1〜h5タグなどで記事の見出しを作っています。
検索エンジンはこの見出し文書に何が書かれているかを重要視していますので、安易に適当な文言を見出しに入れるのは不適切でSEO的にはやってはいけないことです。
見出しは広告にとっては命ですので、ユーザにとって興味を惹き付けるものであると同時に、極力は検索エンジンに評価してもらいたいキーワードやそれに関連する文言を埋め込むようにしましょう。

3.alt属性で画像とキーワードとの関連性をつける

通常、検索エンジンは人が直接サイトを見ているわけではなく、ロボットがネット上に公開しているWEBページを巡回しているので、画像などのテキストデータではないものを検索結果の表示順位を決定する上でに判断材料にすることができません。ですが、alt属性を利用することで画像が何を表しているのかを検索エンジンに説明することができますので、画像を使用する場合は必ずalt属性でキーワードを指定するようにしましょう。ただし、これまでalt属性はSEO対策のスパム行為として利用された経緯があり、検索エンジンからも慎重に扱われるようになっています。あまりにも不自然なほどキーワードを入れ込んだり、検索エンジンを欺くようなやり方をしてしまうと、スパム認定されてしまい、逆に検索順位を下げられてしまうようなことにもなりかねません。
alt属性は基本的に画像が表示されなかった時の代替テキストとして表示させるために存在しています。その画像や画像と関連するキーワードに適した文言を使用するようにしましょう。

alt属性の記述例
<img src=”画像のURL” alt=”検索エンジン最適化とは”>

altは以上のように書き込みます。

4.クローラーの巡回頻度を上げる

クローラーとは検索エンジンがWEBのネットワークを巡回するロボットのことです。基本的にこのクローラーからの巡回回数が上がると検索結果の上位に表示されやすくなると言われています。巡回される回数が多いということはそれだけ検索エンジンから重要視されている、ということにもつながるからです。検索エンジンは有益な情報を配信しているサイトはすぐにでもインデックス(検索エンジンのディレクトリ登録)する必要があるため、巡回する頻度上げるのです。しかし、始めからたくさん巡回してくれるわけではないので、サイト運営側も最低限は巡回されやすくなるような施策を打つ必要があります。
クローラーの巡回頻度を上げるためにも以下を実行してみましょう。

1.サイトの更新頻度を多くする。
サイトが更新される回数が一日に何度もあると、検索エンジンはサイトをチェックするためにもクローラーの巡回をしてくれるようなります。

2.Googleウェブマスターツールを利用する
ウェブマスターツールではサイトマップ.xmlを送信したり、クロール頻度を確認したりできるので、
クローラーの巡回頻度を上げるためには必須のツール。
細かな使い方をここで説明すると長くなってしまうので後日記事にしていきたいと思います。

3.Fetch as google botで巡回依頼
ウェブマスターツール内にあるFetch as googleの機能を利用すればサイト更新をした時などにクローラーの巡回依頼をすることができます。

4.質の高い被リンクを増やす
一昔のように被リンクの量はSEOでは判断されなくなりましたが、クローラーの巡回頻度を上げるうえではやはり被リンク数も重要です。様々な被リンクがあれば、それを辿ってクローラーが巡回してくるようになりますので、質の高い被リンクを増やしていきましょう。

5.適切なキーワード選定

検索エンジンに評価してもらいたいキーワードは適切なものを選ぶ必要があります。
そのためにも情報を求めているユーザがどんなキーワードで検索しているかを知りましょう。キーワードの情報はGoogleのキーワードプランナーを使えば月間の検索ボリュームなどを知ることができます。
こちらも詳細に書くには長くなってしまいますので、改めて別の記事で詳細に取り上げていきたいと思います。

6.サイトメニュー・ナビゲーションをわかりやすくする

検索エンジンはサイトがどのような構造になっているかを把握するとともに、ピラミッド構造がどのようにできているかが明確なサイトを評価します。ですので、サイトのメニューをしっかりカテゴリ分けして、パンくずリストなどで構造を明確なものにしておきましょう。またユーザビリティを考慮する上でもナビゲーションがわかりやすいというのは重要な要素になりますので、ユーザにとっても使いやすいメニューを採用しましょう。

7.キーワードの関連性が高いコンテンツを作る

検索エンジン最適化で最も重要なのがコンテンツ制作かもしれません。今はコンテンツSEOと呼ばれるほど、質の高いコンテンツを公開しているサイトが評価されやすくなっています。ですのでいかにキーワードに関連性あり、なおかつ質が高いコンテンツを公開するかに尽力していくべきです。キーワードそのもののコンテンツに限らず、それに付随する様々なコンテンツを大量に作る。しかし、コンテンツは量よりも質を重視しないと意味がありませんので、「質の良いコンテンツを大量にWEB上に公開する」といった表現が正しいですね。

8.ソーシャルメディアと連携する

ソーシャルメディアプラグインで連携し、公開したコンテンツはどんどんシェアしてもらうようにしていけば自然とコンテンツの質が向上し、検索エンジンはソーシャルメディア上での話題性も評価基準に入れていますので、プラグインで連携して話題作りをしていくことも重要になります。

9.検索順位を確認できるSEOチェックツールを使う

検索エンジン最適化を行ったら、毎日気になる順位をチェックしていく必要があります。
ウェブマスターツールでも検索順位をチェックすることもできますが、簡単にすぐ検索するのであれば、ブラウザ上で検索順位を調べることができるSEOチェックツールを利用するのがオススメです。

10.スパム行為を避ける

検索エンジンは意図的に検索順位を上げる行為をスパムとみなしてサイト運営社にペナルティを与えることがあります。このペナルティは対策を打つ側としては恐怖以外の何者でもなく、自分ではスパムという自覚がなかったとしてもスパムと判断されればペナルティを喰らい、強制的に表示順位を下げられてしまうことになります。そうなると運営社にとっては深刻なダメージですので、スパムとはなんなのか?どんな行為をしたらペナルティを受けるのか?といった具体的な事例や、グーグルのアルゴリズムの基本方針をしっかりと理解しておく必要があります。詳しくはまた別記事で書いていきますのでそちらもご覧いただければと思います。

以上が検索エンジン最適化(SEO)ですべき10のことです。
途中ざっくりとした説明になってしまったところもありますが、後々より詳細な情報は別記事で取り上げていきたいと思います。
参考になったという方はぜひFacebookでいいね!&シェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です