完全無料!Twitter|bot(ボット)の作成方法と手順

twitterTwitterユーザーの方はbot(ボット)というのを目にしたことがありませんか?前回Twitterのフォロワーを増やす方法と5つのテクニックをご紹介しました。今回はさらにTwittterを効率良く活用するために、bot(ボット)についての作成方法などをご紹介していきたいと思います。

目次ー

1.bot(ボット)とは?
2.Twitter bot(ボット)の作成手順


1.bot(ボット)とは?

bot(ボット)とは人に代わって作業を行う「ロボット」が語源になります。
Twitterにおけるbot(ボット)とは、プログラムによって自動的にツイートをしたり、
他のユーザーのツイートに反応して自動的にリツイートなどをします。
一度プログラムを組めばあとは自動的にツイート・リツイートなどをしてくれます。

天気予報や鉄道の運行情報などの、役立つ情報を自動的にツイートするbot(ボット)は
Twitterの世界では数多く存在します。

自動的にツイート・リツイートをしてくれるので使用しているユーザーは大勢います。
今回はbot(ボット)の簡単な作成方法をご紹介していきたいと思います。

2.Twitter bot(ボット)の作成手順

次にTwitter bot(ボット)の作成手順を画像を見ながらご紹介していきたいと思います。
この手順を見ながら作成していけば誰でも簡単にTwitter bot(ボット)を作成できますので参考にして下さい。

Twitterbotを簡単に作成できるツールを無料で提供しているサイトはたくさんありますが、
今回は最も簡単で利用しやすいMMAKEBOTを使ってご紹介したいと思います。
では早速手順を見ていきましょう。

1.MAKEBOTのページを開くと下記のようなページが出ますので、
新規登録をクリックして下さい。

makebot01

2.必要事項を記入し利用規約を確認したら同意して登録するをクリックして下さい。
makebot02

3.メールアドレス確認のメールが届くので本文内で指定されたURLをクリックして下さい。
次のような画面になれば認証完了ですので右上のログインをクリックして下さい。
makebot03

4.先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力し、ログインして下さい。
makebot1

5.+新しいボットを追加をクリックして下さい。
makebot04

6.『連携アプリを認証』をクリックして下さい。
makebot05

7.チュートリアルを開始するをクリックして下さい。
makebot06

8.自動でツイートする内容や、ツイートする間隔を設定します。
(全手順完了後、再度設定が必要となります。)

makebot07

9.指定リプライ、ランダムリプライを入力し設定します。
(全手順完了後、再度設定が必要となりす。)

指定リプライ=こんにちはとツイートされたら、こんにちはと返すように予めこのツイートにはこの返答をする。といったように設定することです。それに対して設定したワードが含まれていない場合は
ランダムリプライで設定したワードをリプライします。
makebot08

10.夜間のツイートの設定とフッターの設定をします。
フッターとはツイートの文末に付ける文章の事で、設定すると全てのツイートに付加されます。
makebot09

11.次にツイート元を設定します。
ツイート元とは、ツイートをした際にどこからツイートをしているのかを表すものになります。
ユーザーもbot(ボット)と分かるとあまり良い印象はありませんのでツイート元を変更することでbot(ボット)ということが分からなくなります。
(見た目上は分かりませんが、ツイート内容によっては分かります)
まずはこのURLにアクセスしてMakebotに登録したTwitterアカウントで ログインします。(その際に画像のURLをコピーしておいて下さい)
makebot010

12.アプリケーションの作成をします。
makebot011

13.必要事項を入力して下さい。
Name=ツイート元に表示される内容です。ボットの名称や場所などを指定して下さい。
Description=簡単にボットの説明文を入力して下さい。最低10文字以上必要です。
Website=お持ちであればウェブサイトのURLを、なければ http://makebot.shとご入力下さい。
Callback URL=先ほど手順11でコピーしたcallback URLを貼り付けます。
makebot012

14.Permissionsをクリックし、Read and WriteにチェックをしてUpdate settingsをクリックして下さい。
makebot018

15.次にAPLキーをクリックして、APLキーとAPI secretをコピーして下さい。
makebot015

16.MAKEBOTに戻り、APLキーとAPI secretを貼り付けて変更を保存して下さい。
makebot10

17.成功すると下記画面になりますのでアプリを認証して下さい。
makebot016

18.最後にMAKEBOTにて稼動設定のON/OFFや、
定期つぶやきなどの詳細を設定して下さい。

makebot017

以上がMAKEBOTの作成方法になります。手順通りに行えば比較的簡単に作成できますので、この機会にぜひTwitter bot(ボット)作成にチャレンジしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加