オウンドメディアで顧客を育成する仕組みとは?

WEB制作において、サイトをただ立ち上げることをゴールにするだけではなく、
ホームページを作成したあとの運用についてもマーケティング戦略などを考慮して、
直接的な売上や新規顧客の獲得コンバージョンにつながるような
設計を考えることが大切ですよね。

弊社でも、WEB制作をご依頼頂いた際には必ずクライアント様のマーケティング戦略や、
「そのWEBサイトの本質的なゴールは何なのか?」といったことを明確にした上で、
それらの要素を組み込んだ制作プロジェクトをご提案させていただいています。

最近では、積極的に情報を配信する「オウンドメディア」という運営スタイルで
自社サイトを使ったWEBマーケティングを実践していく方法が主流になってきています。
オウンドメディアとは、「オウンド(owned)=独自の、所有する」という意味のとおり、
自社所有のWEBサイトやブログといったメディアのことを指します。

WEBサイトやブログを自社で立ち上げて、積極的にユーザーの関心を引きつけることができるようなコンテンツ(記事など)を配信し、商品やサービスの認知度の拡大や、購買行動のきっかけを作っていく、というのがオウンドメディアの役割です。

すでにお気づきかもしれませんが、私が今執筆しているこの記事も、
「oj9にとってのオウンドメディア」なのです^^

かなり一般的にも浸透してきたオウンドメディアですが、
運用を始めたばかりで、なかなか成果が上がらずに
お困りのWEB担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、オウンドメディアを成功させるための「顧客が育つ仕組み作り」と、オウンドメディアを使って「どんなWEBマーケティングを実現できるすることができるのか」、という基本的なところをご紹介していきますので、ぜひオウンドメディア運用の参考にしていただければと思います!

この記事のテーマ

1.オウンドメディアによって顧客が育つ仕組みとは・・・
2.オウンドメディアで実践できるWEBマーケティングとは・・・

オウンドメディアの目的は潜在顧客や見込み客を
「新規顧客・リピーター」に育てること!

オウンドメディア運用を確実に成功させるためには、
そもそもオウンドメディアの運用の目的が何なのかを
しっかり理解しておく必要があると思います。

オウンドメディアを運用する最大のメリットとしては、
これまでリーチすることができなかった潜在顧客や見込み客を
新規顧客やリピーター(既存顧客)へと育てることができるところにあります。

これだけだとマーケティング初心者の方はわけがわからないと思いますので、
そこからまずは噛み砕いて説明していきます^^

オウンドメディアによって顧客が育つ仕組みとは?

顧客の層には、[1]潜在、[2]見込み、[3]新規、[4]リピートの
4つの層があり、リピート顧客であればあるほど、
商品やサービスに対する購入意思は強いと考えられます。

kokyakukaisou

はじめから購入意思が強い顧客というのは本来存在しませんので、
潜在的なニーズを抱えていた顧客が
何かをきっかけに商品を必要と感じて見込み客へと成長し、
購買行動を通じて新規顧客となり、購入した商品の質を気に入ってリピートしていく、
という段階を踏んでいくはずです。

潜在的な顧客を見込み客へと成長させるためには、
多様なニーズに対して、その商品やサービスが顧客にとって
必要なものだということを理解してもらわなければいけません。

「多様なニーズ」というのは、
例えばダイエットに対するニーズでいえば、

・健康でいるためにダイエットしたい
・異性からモテるためにダイエットしたい
・食事制限をしないでダイエットしたい
・夏までにダイエットをしたい

といったように顧客のニーズを細かく切り分けていくと、
同じ「ダイエットをしたい」という欲求の中にも
様々なニーズが存在し顧客ごとに訴求すべきポイントが異なることがわかります。

diet

健康になることが目的なのか、モテることが目的なのかで
ダイエットという手段は同じでも本質的な欲求は異なります。
健康になることが目的なら、健康的ではないけど結果が出るダイエット法は
実践したいと思わないはずです。

よりたくさんの見込み客を育てていかなければならない中で、
このような潜在顧客が抱える多様なニーズに対して、
TV-CMのようなマス(大衆)向けの宣伝広告などでは訴求ポイントを絞ることができず、
「この商品はこれら全てのニーズ全てを満たすものです!」ということを
一度に伝えることができず、顧客一人一人の欲求を喚起することが困難です。

CMはすでにダイエットすることを検討している見込み客に対しては効果はあったとしても、購入意思の薄い潜在的な顧客には大きな効果が見込めません。

それに対して、オウンドメディアでは、

・夏までに痩せたい人
・健康的に痩せたい人
・生活時間をうまく利用して痩せたい人

といったターゲットごとの訴求ポイントを絞り込み、様々な欲求に応える形で、
メディアを使ってコンテンツを配信していくため、
潜在顧客を見込み客に育て、育った見込み客を新規顧客へとつなげる、
といった顧客を育てる仕組みを作ることができるのです。

具体的にメディアを使ってどのようなコンテンツを配信していくかというと、
例えば、ターゲットが「夏までに痩せたい人」ということであれば、
「夏までに痩せる最も効率的なダイエット方法!」といった記事コンテンツを作成します。

顧客はGoogleなどの検索エンジンで「夏 ダイエット」などと検索して、
オウンドメディアの記事コンテンツを見つけます。

その記事の中では、夏に向けたダイエットに関する実践的なノウハウを提供しつつ、
それをサポートする手段としてこんな商品やサービスがあります、とアピールすることで、
「夏までに痩せたい人」という限定したターゲットを見込み客へと育成することができます。

オウンドメディアでは、日々こういった多様なニーズを持った顧客ターゲットを絞りこみ、
潜在的な欲求を駆り立てる形で見込み客へと育てます。

潜在的な欲求に対して訴えかけていくためには、ユーザーごとに異なるニーズをしっかり把握していないと、なかなか的を得たコンテンツを作成することはできません。ですので、まずは顧客や競合他社の分析を実施して、どのような潜在的ニーズが存在するのかを理解するところから始めて、どんなコンテンツを作成するべきかを検討していくようにしましょう!

オウンドメディアで実現できる
WEBマーケティングとは?

オウンドメディアを活用することによって実現できるWEBマーケティングには、
SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)とSMM(ソーシャル・メディア・マーケティング)というものがあります。

SEM(サーチエンジンマーケティング)とは・・・

SEMはGoogleやYahoo、bingといった検索エンジンから、自社サイトへ訪問してくれるユーザーを増やすためのWEBマーケティング手法です。

検索エンジンで検索された時に上位表示をされるように、コンテンツを最適化する「SEO」や、検索エンジンが提供している有料のリスティングサービスに広告掲載することによって、ユーザーからの流入を増やしていくことができます。

Googleは検索結果の表示順位を決める際に「コンテンツがユーザーを満足させるものになっているか」といったところや、「検索されたキーワードに相応しい内容になっているのか」というところを判断するために一定のアルゴリズムを設けています。

SEOには何か裏技でもあるのか、といったように考えられている人も多いのですが、
それはもう一昔前の話で、今はスパム行為に対してのグーグルの判定はかなり厳しいものになっています。下手にスパムでSEO対策を行おうとすると、ペナルティーを受けてしまって、逆に検索順位を下げられかねません・・・。

アナリティクスやサーチコンソールなどを利用しながら地道に質の高いコンテンツを配信していくことが、SEO対策の正攻法であり、ユーザーにとっても自社にとってもメリットの多いものになります。

特にホームページ制作の知識があまりない運営者様は、
安易に怪しいブラックハットSEO対策には手を出さないことをお勧め致します!

SMM(ソーシャルメディアマーケティング)とは・・・

SMMはFacebook、Twitter、Instagramといった利用者数の多いソーシャルメディアから、自社サイトへ訪問してくれるユーザーを増やすことが目的のWEBマーケティングです。

公式アカウントとオウンドメディアをリンクさせて、様々なキャンペーンを打ったり、話題作りをして拡散させることによって、自社商品やサービスの認知度を拡大させることが主なミッションになります。ソーシャルメディアの場合、FacebookのシェアやTwitterのリツイートなどで、コンテンツが拡散されることによって、ユーザーの友達やフォローしているアカウントにも情報を伝達させることができるため、シェアしたくなるコンテンツ作りを行うことによって、自社商品・サービスの認知獲得に大きな効果もたらします。

また、ソーシャルメディアではユーザーとの直接的な関係性を作ることができるため、新規顧客や既存顧客に対するファンサイトとして利用していくとエンゲージメントを高めるためのマーケティングツールにすることができます。

まとめ

オウンドメディアを成功させるためには、今回の記事の中で紹介したような顧客を育てるための仕組み作りや、ユーザーを増やすためのWEBマーケティング手法を長期的に実践していくことが大切です。
オウンドメディア運営はすぐに結果につなげることは難しく、直接的なコンバージョンに影響を与えるまでには根気がいりますが、日々の地道な運営努力が自社サービスや商品をブランディングしていく上で確実に大きな力になります。
小さな課題や問題点を少しずつでも改善しながら、
ビックメディアを育てていっていただければと思います!!

oj9のオウンドメディア運営サポート

oj9では、クライアントさまのWEBマーケティングを支えるオウンドメディアの運営をサポートさせていただいております。

「自社サイトをオウンドメディア化していきたい!」
「オウンドメディアを立ち上げたけど、なかなか良質なコンテンツを作れない・・・」
「継続的な運営を行う人材がいないので困っている・・・」

上記のようにオウンドメディア運営でお困りの方は、是非お気軽に弊社までご相談ください。
oj9のWEBメディア運営ノウハウを駆使して、お客様の商品やサービスの認知度拡大をサポートさせていただきます。

◆oj9の制作サービスについて詳しく知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です