10個のSEO対策診断サービスで検索エンジン最適化!

企業のコーポレートサイトやWEBメディアサイト、個人のホームページなどでたくさんのユーザーからのアクセスを集めるためには、検索エンジンで検索された時に結果の上位に入らなければいけません。そのためにはホームページを検索エンジンから評価されやすい作りに最適化させる、SEO対策というものが必要になってきます。

検索エンジンといえば、Google、Yahoo!、Bingといったものが有名で、国内ではGoogleとYahoo!が、それぞれ約50%のシェアを誇っており、StatCounterが発表した2015年3月から2016年2月までの全世界の検索エンジン使用割合を表したのが、こちらのグラフです。



http://gs.statcounter.com/#desktop-search_engine-ww-monthly-201502-201602

StatCounterの調べによると2016年2月の時点でGoogleが88.64%、Bingが4.73%、Yahoo!が3.33%と国内よりGoogleとYahoo!に大きな差が開いています。さらに2010年に、Yahoo!はGoogleと提携して、Googleの検索エンジンアルゴリズムを使用しているため、Googleに対するSEO対策(検索エンジン最適化)は、より一層、効果的だと言えます。

そこで今回は、ホームページのSEO対策をする上で役に立つ10個のSEO対策診断サービスをご紹介致します。これらのサービスではホームページを構成する各ファイルの見直しや、画像やコードを圧縮してホームページの表示時間の短縮が行えます。
また、検索キーワードの需要や、SEO対策をしっかりと行えているかをチェックするサービスもあり、作成したホームページをWEBマーケティングしていく上で欠かせないものになっていますので、ぜひ今後のSEO対策の参考にして下さい。

目次

UX検証ツール

SEO対策検証ツール

UX検証ツール

UXとはユーザーエクスペリエンスの頭文字を取ったもので、シンプルなサイト構成で内容の濃いコンテンツをわかりやすく表現するなど、ユーザーにとって使いやすいホームページを提供すればSEO対策にも効果的と言われています。

■ PageSpeed Insights

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

『PageSpeed Insights』はGoogle Developersによって提供されているサービスで、URLを入力するだけでホームページの表示速度とUXを採点してくれます。
また、ホームページの修正箇所の提示や、圧縮された画像やコードがダウンロード出来るので確実に、表示速度の高速化が行えます。

■ モバイル フレンドリー テスト

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

スマートフォンの普及でモバイル端末によるホームページへのアクセスが増えており、画面幅に関係なくホームページのUXを維持することが求められているようです。こちらのサービスもGoogle Developersによって提供されているもので、ホームページのURLを入力するだけで、モバイル対応が行えているかを確認することが出来ます。

■ Another HTML-lint5

http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html

Another HTML-lint5は、ホームページのHTMLファイルの構文をチェックしてくれるサービスです。URLを入力するだけで、エラー内容を重要度の段階に応じて数値を表示し、ホームページを100点満点で採点してくれます。html5ではサポートされていないタグや、altタグの指定されていない画像を行数と共に指定してくれるのでとても便利です。

■ SiteTimer

http://www.octagate.com/service/SiteTimer/

SiteTimerは、CctaGateによって提供されているサービスで、ファイルごとの読み込み状況をグラフにて表してくれます。どのファイルにどれだけの読み込み時間が掛かっているかがリアルタイムでわかるので、ホームページの表示速度を上げたい人や、読み込みが重くて悩んでいる人は是非、一度チェックしてみて下さい。

■ WEB PAGE TEST

http://www.webpagetest.org/

こちらも先ほどと同様で、ホームページの読み込み速度をグラフで表してくれるサービスです。ホームページ内にあるhtml、css、js、画像などの各ファイルの容量を全体の割合としてグラフ化してくてるのでSiteTimerと合わせて使うと、より効果的なホームページの高速化が行えます。

SEO対策検証ツール

■ Search Console

https://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/#?modal_active=none

Search ConsoleはGoogleによって提供されていて検索キーワードごとに表示された回数や順位、ホームページへの訪問者数が一覧で表示されます。ホームページへのアクセスが多いキーワードを知ることができるので、今後どんなキーワードでSEO対策をするべきか参考になります。

■ AdWords キーワードプランナー

https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

コチラもGoogleによって提供されているサービスで、キーワードを入力するとそのキーワードが月にどのくらい検索されているのかを調べることが出来ます。また、キーワードに対してのリスティング広告の競争率もわかるのでSEO対策をする上で活用するべきサービスです。

■ SEOチェキ

http://seocheki.net/

SEOチェキは、任意のワードで自分のホームページの検索順位をチェックできる機能があるので自分のホームページは、どの程度SEO対策ができているかを確認することができます。他にも、ホームページ内のキーワード出現頻度を確認できたり、発リンクや被リンク数も計測してくれるのでSEO対策では欠かせないアイテムになっています。

■ itomakihitode.jp

http://itomakihitode.jp/

このサービスではURLと任意のキーワードを入力することで、自分のホームページと競合10社の平均の総単語数やドメイン年齢などをグラフで比較してくれます。自分のホームページが劣っている要素がはっきりとわかるので、どの要素を強化していくか目標を立てやすくなります。

■ キーワード出現頻度解析ツール

http://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer

このツールではホームページ内での構成単語数や総単語数の計測や、出現頻度が10回以上の単語をリスト表示してくれます。キーワードをたくさん入れることは良いことですが、過剰な繰り返しはペナルティーを受けてしまう可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

この記事ではSEO対策をする上で参考になるサイトをご紹介してきました。これらを活用できれば確実にホームページの質が向上します。Googleの検索エンジンアルゴリズムは日々変化していて、よりユーザーの求める形に最適化されているものが上位に入り込みます。
そして今回ご紹介したものは、一つの目安であってこれが全てではありません。
SEO対策をするのはGoogleの為ではなく、利用するユーザーの為であることを忘れてはいけません。ユーザーにとって使いやすく価値のあるホームページが提供できれば、自然と検索結果にも反映されます。

御社のSEO対策をサポート致します!

oj9ではWEBマーケティングで成果を上げるためのSEO対策サポートを提供しております。
これまでのWEBメディア運営の実績を通じて培ってきたノウハウを駆使して効率よく確実なSEO対策を行えるようにコンサルティングさせていただきます。
ご興味がある方は気軽にお問い合わせください。

◆oj9の制作サービスについて詳しく知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です