Facebookページの「いいね!」を増やす方法と戦略

Facebookページの「いいね!」を増やす方法と戦略今回はFacebookの「いいね!」を増やす方法とFacebook戦略の考え方をご紹介したいと思います。せっかくFacebookページを作ったのに、いいね!が増えないとお悩みの方は、定番の手法を実践した上で、独自のFacebookキャンペーンを作るなど、戦略を考えて自然と「いいね!」が増える仕組み作りをしていく必要があります。

目次ー

1.なぜ人は「いいね!」や、「シェア」をしたがるのか?
2.【実践ステップ1】身近なところから「いいね!」を集めていく
3.【実践ステップ2】Facebookキャンペーンを打ち出す
4.【実践ステップ3】Facebook広告で集める


なぜ人は「いいね!」や、「シェア」をしたがるのか?

まず、細かなテクニックや戦略の話をする前に
いいね!&シェアを得るためにはどんなマインドを持つべきか?
そこからお話していきたいと思います。

この記事をご覧の方なら、
もちろんFacebookアカウントはお持ちだと思いますが、
あなたはどういうFacebookページや投稿に対して
「いいね!」や「シェア」をしていますか?

結論から言うと、自然にいいね!やシェアを得るには、
内容に対して共感してもらったり、
同意してもらえるような投稿をすることが最も大事です。

ほとんどのFacebookユーザーは
自分が共感したもの、同意したものに対して「いいね!&シェア」をしています。

これはコンテンツマーケティング全体に対して言えることですが、
ユーザー目線ではない、自己満足的な投稿では
誰も「いいね&シェア」はしてくれませんよね。

投稿に対していいね!&シェアをするということは、
Facebookユーザーが「私もそう思う!」、「すごい!」と思ったことを
簡単に表すための意思表示です。

コピーライティングの力を駆使していくことで
ちょっとした投稿に対してもいいね&シェアをもらえるように
少し工夫するだけでも、十分な効果が表れるはずです。

投稿を上げる前に、もう一度考えましょう。

1.自分だったらこの投稿にいいね!するだろうか?
2.ユーザーはこの投稿をシェアしてくれるだろうか?

これはどんなFacebookページにも言える、
非常に重要な考え方ですので、忘れずにいつも自分に問いかけるようにしましょう。

【実践ステップ1】
身近なところから「いいね!」を集めていく

さて、Facebookページを作ったものの、
いいね!をしてくれている人もフォロワーももちろん0です。

まずは身近なところから、いいね!を集めて最初の一歩を踏み出しましょう。
友達・知り合いや、クライアント企業に宣伝して、
いいね!シェアをしてもらえるようにお願いしましょう。

また既存のファンや読者がいれば、メールマガジンなどで
「いいね!してくれた人に○○キャンペーン」のような形で
スタートアップいいね!キャンペーンを打つのも効果的です。

広告やキャンペーンを打ち出すまでに、
ある程度のいいね!の数を集めなければFacebookページは盛り上がりません。
身近なところから協力してもらうことが
Facebookページのスタートアップには非常に重要です。
既存のファンや顧客がいる企業やブロガーなら、
そう難しくはないはずです。

ただし、注意したいのが、
「いいね!」をしてもらうことだけが目的ではないので
ユーザーのいいね!を癖づけるためにも、
Facebookページ内で常に面白い企画や投稿を配信し続けなくてはいけません。

毎朝ちょっとした感動エピソードを投稿したり、
ユーザーがコメントで参加しやすいような面白企画の投稿など、
やり方は色々ありますが、出来る限り他のFacebookページにはない、
独自の投稿を配信し続けることが重要です。

お役立ち情報や、感動エピソードなどは、
10回の投稿で、2〜3回でも「このFacebookページの投稿はなんか好きだな」とか
「ためになった」と思ってもらえれば、
全然ページ自体に興味が無い人でも、
投稿に目が止まります。

この項のまとめ
・まずは身近な友人やクライアント企業からいいね!の協力をしてもらう
・宣伝をする前にある程度のいいね!数を稼ぐこと
・定期的にいいね!してもらえそうなお役立ち、面白投稿をすること

【実践ステップ2】
Facebookキャンペーンを打ち出す

Facebookページ内で独自のキャンペーンを打つことで、
拡散されブランドの認知・新規のファン獲得が見込めます。
また、頻繁にキャンペーンを打つことで、
ファンが定着しアクティブなユーザーがFacebookページ自体を盛り上げてくれます。
ですので、エンゲージメントを高めるためにも
キャンペーンの内容や質が非常に重要になってきます。

キャンペーンの種類には、大きく分けて3つ。
1.懸賞キャンペーン
2.コンテストキャンペーン
3.予告キャンペーン

1.Facebookページ限定の懸賞キャンペーンでいいね!&シェアを増やす

懸賞キャンペーンとは、クイズに答えて正解した人に賞品をプレゼントしたり、
単純に「いいね!シェア」してくれた人の中から
数名に賞品をプレゼントしたりする懸賞付きのキャンペーンです。
賞品が魅力あるものであれば、すぐにいいね!やシェアを増やしやすく、
また、O2O(Online to Office)の懸賞キャンペーンであれば、
店舗などへの集客にも利用できるので、
既に多くの企業が様々なキャンペーンを実施しています。

2.コンテストキャンペーンでFacebookページを盛り上げよう!

コンテストキャンペーンでは、ユーザーに投稿を競い合ってもらい、
互いの投稿を面白がってもらったり、参加者が多くなってくると
アクティブなユーザーがFacebookページを盛り上げてくれます。
具体的には、
「この画像を何かに例えて、一番面白い投稿をした人をランキング形式でページ内で表示する」
といった感じに、ユーザーの投稿を活発化するプチコンテストを開催します。

「企業の新ロゴ採用コンテスト」なども良く行われていますね。
独自のコンテストを開催し、知らない人でも楽しんで参加してしまうような企画を考えて
Facebookページを盛り上げていきましょう。

3.予告キャンペーンでユーザーの興味を惹き付けよう!

予告キャンペーンでは、事前に「〜を行います!」という告知と同時に、
キャンペーンを打ってユーザーの興味を惹き付けます。
アニメやドラマの次回予告などでは、
次回が楽しみになるようなネタを、ほんの少しだけ見せたりしますよね。
投稿に常に関心を持ってもらうためにも、
常に興味を引くような意識を持っておくことも大事です。

【実践ステップ3】
Facebook広告で集める

最後はFacebook広告です。Facebook広告は即効性があるのがメリットですが、
予算をかけてファンを集めるので、せっかくならある程度いいね!&シェアをしてくれる人が集まってきてから広告を打ったほうがいいでしょう。
逆に、いいね!&シェアが頻繁に行われず、Facebookページ自体が盛り上がっていない内に
広告を打つのは非常にもったいないです。
Facebookページ内でエンゲージメントサイクルが出来上がり始めた頃が
広告を打つベストタイミングではないでしょうか。

Facebook広告の使い方やコツについては後々書いていきたいと思います。

以上がFacebookでいいね!&シェアを増やす方法になります。
参考になったという方はぜひいいね!&シェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です