WEBライター基礎|WEBライティングとは?目的と実践方法

noimage自社サイトやブログ運営などで質の高いコンテンツを公開するために欠かせないライティングスキル。更に、WEBの世界では検索エンジン最適化をライティングに盛り込んだライティングスキルのことをWEBライティングといいます。今回の記事では、WEBライティングとはなんなのか、なぜWEBライティングが必要なのかについてご説明します。

目次ー

1.なぜ今WEBライティングなのか?
 — WEBライティングの目的①訪問者のニーズを満たす!
 — WEBライティングの目的② 検索エンジンから評価される記事を書く!
 — WEBライティングの目的③ ソーシャルメディアで拡散される!

2.WEBライティングで意識すべきこと
 — 誰のために書く記事なのか?
 — 1対1の会話をイメージする
 — シンプルで記事内容が一目でわかるタイトル
 — 見やすいHTML構造にする
 — 何度も読み返してブラッシュアップする


なぜ今WEBライティングなのか?

サイト運営をするにあたって、WEBライティング力は絶対的に欠かせません。
なぜ今WEBライティングなのでしょうか?
それには三つの目的があります。

WEBライティングの目的①
訪問者のニーズを満たす!

スマホやタブレットPCなどの登場によってネットがより身近になったことで、
検索すれば簡単に記事にアクセスでき、
情報をすぐに見つけられるようになりました。
それと同時にネット上の記事も増え続けています。

「本当に優れた記事だけを読みたい」、
「いい加減な記事は読まない」、
「WEBの情報をすぐには鵜呑みにしない。」

このように、正しいWEBとの付き合い方を理解している方が増えているのです。
そうなると、求められるのはとにかく”質”。

訪問者に記事を読んでもらうということは=大切な時間をもらうこと、と考えて
運営者はより優れた記事を構成する必要があります。
そのためにもライティング技術で、
どこのサイトやブログよりもいい記事を書かなくてはいけないのです。

WEBライティングの目的②
WEBライティングを実践すれば検索エンジンから評価される!

良質な記事は検索エンジンからも評価がされやすく、
SEO対策をする上でも”コンテンツの質”は今や最も重要な要素になっています。

WEBライティングは、ただユーザーが満足する記事を書くだけでなく、
検索エンジン最適化を行ってより正しい評価をしてもらうための技術です。

正しいライティングをしなければ、
せっかく良い記事を書いたのに検索順位が上がらないこともあります。

WEBライティングの目的③
良質な記事はソーシャルメディアで拡散される!

良質でユーザーニーズを満たすことができる記事は
ソーシャルメディアでも拡散されやすいことがわかっています。
訪問者は拡散したいと思えるような記事を求めているのです。

WEBライティングの目的とは、
①ユーザーニーズを満たす
②検索エンジンから適切な評価が得られる記事にする
③ソーシャルメディアで拡散される

以上の3つが重要なポイントです。
記事を構成する上でも、この本来の目的を意識しながら書くと
意外にも効果はすぐに表れると思います。

WEBライティングで意識すべきこと

ここまでWEBライティングとは何か、目的や基本について解説してきました。次に、WEBライティングを行う上でライターが意識しなければいけないことをご紹介したいと思います。

1.誰のために書く記事なのか?

WEBライティングの目的は、検索エンジンから訪れたユーザーのニーズを拾うことですので、訪問したユーザーのニーズを最大限に満たすという意識を持つことが大切です。
素晴らしい記事はニーズを満たし、ユーザのサイト滞在時間を延ばし、ソーシャルメディアでの拡散を得ることができるからです。
そのためにも、まずは読者が誰なのかを知ること。その人を満たす情報とは何かを考えることがWEBライティングを行う上での基本スタンスです。

2.1対1の会話をイメージする

これはWEBライティングに限られたことではないですが、文章を書く上で、1対1の会話をイメージしながら書いていくことも大切です。一方的に専門的なことを書いていると、ついつい読み手の心理を置き去りにしてしまって、ただの日記みたいになってしまう。日記ならば自分が読めればいいのでそれでも構わないのですが、WEBライティングとなれば、当然読み手ありきです。読む人が理解できなければ何も意味がありません。1対1の会話をイメージすることで読み手心理を意識しながらライティングしていくことができ、自己満足的なライティングにはなりません。

3.シンプルで記事内容が一目でわかるタイトル

記事を見てもらう上で重要なのが記事タイトルです。これは商品などのキャッチコピーと同様に、ユーザーの興味を惹き付けるのに効果的な文言を考えなくてはいけません。
タイトルは、出来るだけ短く記事に何が書かれているのかがわかるような適切な文言を入れると、情報を求めているユーザに対して親切ですし情報をすぐに欲しいユーザにとって「何が書かれているかすぐわかる」というのは非常に重要です。

4.見やすいHTML構造にする

検索エンジンは正しいHTML構造であることを評価しますので、H1~タグやPタグ、Tableタグ、liタグなどはシンプルでわかりやすい構造にすると良いでしょう。
特にH1~タグは記事の見出し(フック)として頻繁に多用しますが、可能な限り通常のテキストよりサイズを大きくするとより記事にメリハリがうまれて
読者にとっても見やすくなります。

5.何度も読み返してブラッシュアップする

書いた文章は何度も何度も読み返して徹底的にブラッシュアップしていきます。もっと良い言い回しはないか、適切な文言は何か、最新の情報を加えられないか、
独自の見解をもっと足していこうか、といった感じです。このようなブラッシュアップを重ねていくことによって、他のサイトにはない完全オリジナルの素晴らしい記事が完成します。情報を持ってきて貼っただけの記事に存在価値はありません。そこに最良のWEBライティングがなされているからこそコンテンツとしての価値が上昇します。
妥協せずに徹底的にブラッシュアップしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です