今すぐ実践しよう!ソーシャルメディアマーケティング入門

ソーシャルメディアマーケティング入門今なお進化し続けているソーシャルメディアマーケティング。
しかし、ソーシャルメディアマーケティングを実践していない企業もまだまだ多く存在しています。今回はこれからWEB集客力アップしたい!と考えている方のためにソーシャルメディアマーケティングとは何か?どのようなことを実践すればいいのかを基礎からご紹介したいと思います。

目次ー

1.ソーシャルメディアマーケティングとは?
2.なぜ今ソーシャルメディアマーケティングなのか?
3.ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ①オウンドメディアを充実させる!
4.ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ②ソーシャルプラグインでソーシャルメディアと連携!
5.ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ③良質なコンテンツ配信を行う!


ソーシャルメディアマーケティングとは?

ソーシャルメディアマーケティングとは、そのネーミングの通り、
ソーシャルメディアを活用したマーケティング方法のことを言います。

ソーシャルメディアとは、ブログやFacebookやTwitterなどのSNSのことですね。
また、Youtubeなど、個人間のコミュニケーションが取れるメディアは
同様にソーシャルメディアと呼ばれます。

ソーシャルメディア内では、活発にユーザー同士のコミュニケーションが行われていて、
その中で企業が自社ブランドの認知を広げるためにアプローチする方法として
ソーシャルメディアマーケティングが誕生しました。

ソーシャルメディアはネット普及と同時に加速度的に成長を続け、
現在も新しいメディアが次々と誕生しています。

ネット社会の溜まり場ともいえるソーシャルメディアで
自社ブランドの認知を広めていくことが
効率よく顧客の獲得につながることがわかり、
多くの企業が既にソーシャルメディア内で様々なマーケティングを実践しています。

2014年現在は、FacebookやTwitterなどが
利用者の多いソーシャルメディアとして挙げられますが、
近年ではソーシャルメディアも多様化していて、
ニーズごとによって様々なソーシャルメディアが存在します。

従って、企業は自社の商品やサービスに合わせた
正しいマーケティング戦略を練って
効率良くソーシャルメディアマーケティングを行う必要があります。

なぜ今ソーシャルメディアマーケティングなのか?

ソーシャルメディアが誕生する以前までは、
企業は広告費、宣伝費などの予算を作りアウトバウンド型の広告をメインに、
商品やサービスのマーケティングを行ってきました。

ソーシャルメディアが社会に根付いてからは、
潜在顧客や見込み顧客と簡単につながれるようになり、
新しいマーケティング方法としてソーシャルメディアが取り入られるようになりました。

ソーシャルメディアマーケティングでは
オウンドメディア(自社サイト)が充実していれば、
それを軸にしてソーシャルメディアで拡散される仕組み作りができ、
既存のアウトバウンドマーケティングに比べて、
コストを安く抑えられ、更にターゲットを絞り込んだ緻密なマーケティングを行えます。

それでは、実際に実践ステップとして、
ソーシャルメディアマーケティングを構築する方法を
次の項からご紹介したいと思います。

ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ①オウンドメディアを充実させる!

ソーシャルメディアマーケティングは、
まずオウンドメディア(自社サイト)のコンテンツを充実させることから始まります。

ソーシャルメディアマーケティングでは、Facebookのシェアやいいね、
Twitterのリツイートなどで情報が拡散されたり、
グーグルやヤフーの検索から情報を拾ってもらってブランドの認知を広げます。

そのためには、情報を発信していかなくてはいけません。
しかも、ただホームページを作って情報を載せているだけではなく、
常に最新の情報を発信し続けて、良質なコンテンツを公開する必要があります。
ですので、ただのコーポレーションサイトではなく、
情報を発信するメディアとして自社サイトを構築します。

オウンドメディア構築の際のポイントは、

1.ブログなどのように、情報を発信しやすい作りにし、毎日情報を更新する
2.ユーザーが更新情報をチェックしやすいようにする。
3.常に興味を惹き付ける企画を出し続ける
4.検索エンジン最適化を行って、グーグルやヤフーにキーワードを拾ってもらう
5.商品やサービスに関わる情報を幅広く取り扱う

以上を考慮してオウンドメディア運営を行えば、
これだけでもそれなりな効果があります。

ただし、これだけではソーシャルメディアマーケティングとしては、
やっとスタートラインに立ったというところですので
次の項でソーシャルメディアとの連携を行っていきます。

ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ②ソーシャルプラグインでソーシャルメディアと連携!

FacebookやTwitterはホームページやブログと連携するために、
ソーシャルプラグインという機能を用意しています。
いいね!ボタンや、ツイートボタンなどのことですね。
ソーシャルプラグインをオウンドメディアを設置すれば、
記事やコンテンツに対して、いいね!やツイートをしてもらえるようになります。
いいね!やツイートをした人のタイムラインには、
記事やコンテンツへのリンクが貼られるので、
ソーシャルボタンを押してくれた人の友達や知り合いにも
情報を見てもらえるようになります。

これがソーシャルメディアマーケティングの拡散の基本的な仕組みです。
私たちの第一ミッションは、より多くのソーシャルシェアを獲得することです。

ただし、ただ目に止まるだけでは意味がありませんので、
実際にサイトを訪れたユーザーが、
全く興味ない状態から潜在顧客になり、
見込み客になり、購入検討者になり、購入者になってもらう。
ビジネスである以上最終的な目標は商品やサービスの購入・利用が目的ですので、
そこまでの仕組みができて、やっとソーシャルメディアマーケティングの完成です。

では次の項で購入サイクルをつくるためのコンテンツ作りを考えていきましょう。

ソーシャルメディアマーケティング
実践ステップ③良質なコンテンツ配信を行う!

いよいよ最後の項になりますが、
ソーシャルメディアマーケティングで最も大事なのが、
この良質なコンテンツ配信を行うことにあります。

良質なコンテンツというのは、
ユーザーにとって価値のある情報のことです。
価値がある情報を配信するということは、
ユーザーがメディアのファンになってくれる可能性を高めますし、
実は良質なコンテンツは検索エンジンにも評価がされやすいのです。

もっと簡単に言えば、
ソーシャルメディアから訪れたユーザーから、
「役立った」、「感動した」、「同意した」という感想を得られるような情報を配信すればいいのです。
それが結果的に、興味がないユーザーからの認知につながり、
見込み客が購入を検討し、購入検討者が購入してくれるきっかけ作りになるからです。

また、コンテンツの具体的な企画方法や、
良質なコンテンツを作るコツはコンテンツ・マーケティングのカテゴリでご紹介したいと思います。

参考になったという方はぜひいいね!&シェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です