WEBライティング力を鍛える5つのテクニック

6271890-277541-sketch-of-two-shaking-handsSNS、ブログ、メルマガなど文章を書くことは、ライターや小説家だけの仕事ではなくなってきています。文章ひとつで仕事が上手くいったり、逆に炎上なんてことも、、、
文章を書くことの大切さは分かっていても、基本的なテクニックを知らないとなかなか上達できません。今回はWEBライティングで実際に役立つ5つのテクニックをご紹介!

目次ー

1.文章は半分
2.箇条書
3.リライト
4.コピーライティング
5.ユーザー目線


1.文章は半分

出版業界などでは「素人の文章は半分に削れる」といわれているほど、
文章は意識しないとダラダラと長くなってしまいがちです。
以下のことにに注意して文章をなるべくシンプルにまとめましょう

・冗長な表現
・説明の重複
・接続詞の乱用

同じ意味が伝わるのであれば、より短い文章のほうがユーザーにとっては楽チンで、
理解しやすくなります。

2.箇条書

WEBのユーザーは小説等と異なり「事実を早く知りたい」という要素が強いため、
内容をすばやく理解できるようにすることが大切です。
箇条書きは視認性が高く、内容を把握しやすくなるため、
内容をよりすばやく伝えることができます。

注意することは、多用することで文章全体が味気ない感じになってしまうことです。
バランスを考えながら使用しましょう。

3. リライト

自分の知識があって得意とするジャンルで文章を作るのは簡単ですが、
どうしても偏った内容になってしまいます。

リライトの意味は「元の文章の内容を変えず自分の言葉で書き直す」こと。
専門的な知識が必要な場合、よりリライトが難しくなりますが、
極めればどんなジャンルの文章であっても、
自分のオリジナルに書き換えが出来てしまうということです。

ただし元の文章の少し変えただけでは、Googleなどの検索エンジンに、
コピーページとみなされて低評価を受けてしまうので注意です。

4.コピーライティング

WEBサイトでは「読む」ことより「見る」ことが先です。
ユーザーが分かりやすく、内容が想像できるように、
コピーはシンプルで具体的な表現を使いましょう。

表題や見出しに具体的でわかりやすいコピーが使用されていれば、
検索エンジンからの評価も高めることが出来ます。

また記事の内容によっては、ユーザーの興味を引く煽り見出しも効果的ですが、
当たりはずれが大きく、使いどころが難しい。

WEBや雑誌などで気になるタイトルを発見したときは保存して
自分のスキルアップにつなげましょう。

5.ユーザー目線

想定したターゲットユーザーはもちろんのこと、
サイトに訪れた全ての人が内容を理解できるように心掛けるのが大切です。

専門的な用語、分かりにくい単語が使われていないか、
書く側の常識にとらわれない記事を意識して、
ひらがな、漢字のバランスをよく使用することで、
視覚的な部分も分かりやすくなるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です